忍者ブログ

雑記帳

シムズ2のスキン、オブジェクトのダウンロード記録

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

スキン作成覚書(シムズ3)

メイクは一度作り始めると、はまっちゃいますね(^^;

シムズ3での個人的なメイクアップ作成覚書。
ツールはMTSで配布してくださってるCTUを使用。
チュートリアルはこちら。
「How to do lipstick for Sims3!」 by Kiara24
http://www.modthesims.info/showthread.php?t=381003

3色使用の口紅の作り方です。
CTUの操作は、
1、起動したらFileメニューから「New」を選択。
2、「Find a CAS parts」タブ内、「Age」はAdult、「Gender」はFemale、「Type」はMakeupを選択。下にメイクアップの一覧が出るので、三色用の口紅のサムネイルをクリックして選択する。
3、「Designs」タブ内、「Add New Design」ボタンより、「Add New Blank」を選択。
4、「Designs」タブ内、「Textures」タブを選択。「Texture Overlay」の項目の隣の文字列をクリック。下方の「Replace」ボタンをクリック。編集済みのddsファイルを選んでReplace。同様にして、「Mask」の項目もReplace。「Commit」を押すと、右のプレビューに自分の作ったメイクが出てきます。
5、必要があれば、「Tint Colore A」をクリック。下方に色サンプルが出るので、そこをクリックして色変更。
同様にして、カラーB、Cも変更します。出来たら「Commit」を押します。
6、「Part Category」タブをクリック。必要であれば、「Age」「Gender」の項目で男性も使用できたり、十代や若年も使用できるよう、チェックボックスにチェックを入れます。できたら、「Commit」。ちなみにここでメイクの種類を口紅からアイシャドーに変える、なども出来ますが、各メイクはどの順番でシムの顔に重ねられていくのか決まっているらしいので、そこは注意します。例えば、コスチュームメイクは全てのメイクの上に表示されるようになっているみたいです。
7、「File」メニューからセーブして、ゲーム内で確認。プレビューとだいぶ雰囲気が違って見えるので、メイク作りのコツを覚えるまでが大変です。


以下からは必要に応じて、ちょくちょく加筆修正していくつもりです。

■テクスチャーの作り方(PhotoShop)
DDSファイルを扱うので、PhotoShopのプラグインが必要です。プラグインはこちら。
http://www.nvidia.co.jp/object/photoshop_dds_plugins.html

日本語のPhotoshopを使用している場合は、インストール後にプログラムファイル(XPの場合)内のPhotoshopフォルダ内に出来た「Plug-in」フォルダの中身を、「プラグイン」フォルダに移します。

また、シムの顔のUVマップも必要です。
MTSでシェアされているMeshから、UVMapperなどで取り出します。



■試行錯誤
メイクの中では、口紅が一番作るのが難しいかもしれません。
ちなみに一番簡単に作れるのは、多分、単色の頬紅かも。
これまで獲得した経験値から、メモしておきます。

・Texture Overlay
ベースとなるテクスチャー。唇の皺や影、グロスの艶や明るい部分などを描いたりしてます。
陰影のみのデータでも、色があっても構わないようですが、陰影のみの方がどんな色でも綺麗にのせる事が出来ます。
ゲーム内では全ての色を白に設定した時に、このテクスチャーをゲーム内で確認する事が出来るみたいです。
乗算モードで色の上に被せる感じなので、陰影を濃くしすぎると黒っぽい口紅に…。

ちなみに、うすーい肌色からピンクの色味で作ると、発色が良く見栄えもいい口紅が出来ました。口紅は大概暖色系の色をのせて使うので、この方法は便利かも。
特に1色使用の口紅は、この方法で作った方が格段に綺麗な仕上がりになります。
青や緑の色をのせた時も綺麗に見せたい場合は、この方法はあまり使えませんが…。

アルファテクスチャもあります。
デフォルトの口紅のアルファテクスチャは、唇の端まできっちり色が乗らないので、ふんわりした印象の口紅になってます。
リップラインをくっきりさせたい時は、自分で描き直します。

・Mask
青(R0, G0,B255)、緑(R0, G255, B0)、赤(R255, G0, B0)で、それぞれのアルファテクスチャを描きます。
実際には一番下に真っ黒な背景を用意して、その上に赤レイヤー、次に緑レイヤー(差の絶対値モード)、一番上に青レイヤー(差の絶対値モード)として、描いていきます。
デフォルトの口紅は、赤をベース、青をハイライトとして使ってるみたいです。
RGB各レイヤーは、陰影も設定することで色の乗り具合を調整できます(どの色も乗らない部分は、TextureOverlayがそのまま表示されることになるのかな?)。

TextureOverlayをほとんど真っ白にして、Maskでベース、影、ハイライトを描く方法もあります。
陰影が出ないので発色のいい口紅になりますが、RGBのテクスチャーを良く考えないと、単調な印象の口紅になりがちです。難しい……。
PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Trackback

この記事にトラックバックする

SimPE覚書リスト(Sims2)

■拡張対応アップデート■
├ 冷蔵庫のシーズンズ対応
├ オブジェクトのフリータイム対応
├ アパートライフのシフト機能添付
└ カスタムドアのアパート区画対応

■近所関連■
├ 家系図編集
├ 生涯願望変更
├ 瞳と肌の変更
├ シムの性別変更
└ シムを整形する(AltSimsSurgery使用)

■スキン関連■
├ 服のカテゴリ変更
├ カスタムヘアの整理
├ 職業服のロック解除
├ アクセサリーの青点滅修正
├ 同メイクの重ね張り(アクセサリ複数使用)
└ Hairリカラーの不必要な年代削除

■オブジェクト関連■
├ オブジェクト日本語化
├ Subsetの追加&Recolorable化設定
├ Repository Technique (Master&Slave Object)
├ Slotの追加
├ エフェクトの追加
├ 複数リカラーを1ファイルに
├ Allowed with Foodな飾りオブジェクト
├ GMDCの複製
├ ベッドの回復値変更(BCON編集)
└ オブジェクト制作メモ

■Food関連
├ 料理の整理(パイメニュー階層化)
├ 朝食シリアルのリカラー(カスタム料理作成基礎?)
└ 料理のメニュータイム操作

■package総合■
├ packageファイルの構造
├ Material Difinition(TXMT)をいじる
└ BHAVに挑戦?

■その他■
├ 便利メモ
├ 音楽抽出
├ 絵画や写真の抽出
├ オリジナル絵画の描かせ方
└ BodyShopで髪リカラー

シム作成の覚書(シムズ2)

■遺伝システム■
遺伝とカスタムシム1

■ボディショップでシム作成■
下準備
テンプレート選び
眉と目の編集
鼻と口の編集
顔と顎の編集

■リンク■
個性付けメイク

■シム置き場■
女性シム
男性シム

シム作成(シムズ3)

■シム置き場■
男性シム
女性シム

プロフィール

HN:
うに
性別:
非公開
自己紹介:
シムズ2、3のレビューは、上のリンクからどうぞ。
■The sims2プレイ環境
本体+キャンパス+ナイト+ショップ+ファミリー+ゴージャス+ペット+ウィンター+シーズンズ+パーティー+H&M+トラベラーズ+ティーンエイジャー+フリータイム+K&B+IKEA+アパート+M&G
■The Sims3プレイ環境
本体のみ

カレンダー

10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

ブログ内検索

最新コメント

[01/05 Abuiship]
[12/10 ぺや]
[12/03 ぺや]
[11/25 小原沙貴]
[06/19 めい]

最新トラックバック

バーコード

Copyright © 雑記帳 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]